BLOG

アーカイブ:2017年 3月

3/28よりそごう横浜にてグループ展開催

2017.03.27

IMG_4803

3/28(火)から4/3(日)まで横浜そごう6階美術画廊にて女性作家5名によるグループ展を開催、金魚の新作4点を含む約8点を出展しております。

横浜に縁のある若手女性作家の個性豊かな作品が一堂に会します。是非ご高覧ください。

 

 

IMG_4793

IMG_4792

 

 

アートワンダーランド横浜

■3月28日(火)〜4月3日(月)
■6階=美術画廊
10時〜午後8時 ※最終日は午後4時閉場

[出品作家]
大島梢、常信明子、関美怜、藤本絢子、宮木沙知子

 

そごう横浜店
〒220-8510 神奈川県横浜市西区高島2-18-1

【電車でのご来店】横浜駅東口よりポルタ地下街中央通路を直進いたしますと徒歩5分です。

https://www.sogo-seibu.jp/yokohama/kakutensublist/?article_seq=227805

 

3/23からの京急百貨店での催事に桜作品出展

2017.03.15

3月23日より京急百貨店にて開催される催事に新作を含む約7点の桜の作品を出展いたします。

 


IMG_4365

IMG_4364

 

南青山・白白庵 PRESENTS「 SAKURA MY CHILL(桜舞い散る) 」

日程:3月23日(木)~29日(水)
営業時間:午前10時~午後8時(最終日は午後5時まで)
会場:京急百貨店 7階 ギャラリー旬

神奈川県横浜市港南区上大岡西1丁目6番1号
電話 045-848-1111(代表)
* 京急線、横浜市営地下鉄 各上大岡駅 直結
http://www.keikyu-depart.com
独創的で楽しいものづくり・表現を志す気鋭の作家を紹介する企画事務所「白白庵(ぱくぱくあん)」。日本全国で制作活動を行うユニークな作家たちの作品を、主宰・アートディレクター石橋圭吾の目利きと見立てでご提案いたします。
各地の桜が咲き始める頃、初登場の京急百貨店(上大岡本店)で、「桜」「春」「新生活」をテーマにした催事を開催いたします。インテリアアート・日々の器・お酒やお茶の器・アクセサリー・ファッションなど多様なアイテムを取り揃えます。
出展作家
・いちかわともこ(絵画・こけし・マトリョーシカ / 京都)
・北井真衣(陶芸 / 石川)
・小孫哲太郎(陶芸 / 千葉・埼玉)
・髙橋亜希(陶芸 / 京都)
・高橋朋子(陶芸 / 千葉)
・髙橋良(水墨画・日本画 / 滋賀)

・田川亞希(陶芸 / 東京)・谷口晋也(陶芸 / 京都)
・田村一(陶芸 / 秋田)
・津田友子(陶芸 / 京都)
・藤本絢子(絵画 / 神奈川)

・やまだあやこ(刺繍バッグ / 滋賀)
・山田浩之(陶芸 / 滋賀)

 

 

3/26に原宿KEISUKE MATSUSHIMAにてディナー&トークイベントを開催します

2017.03.11

 

5月末まで作品を展示している原宿のフレンチレストラン KEISUKE MATSUSHIMA内のカフェスペースCAFE NiCE MATiNにてディナー&トークイベントを開催いたします。

 

IMG_4697

 

ソムリエでありコルクアーティストである久保友則と藤本絢子による食とアートについてのトークと共に選び抜かれたワインと本格的なニース料理をビュッフェ形式でお楽しみ頂けるイベントです。是非お気軽にお申込みの上ご参加ください。

IMG_4485

第27回食とアートの会「Apétissant Rouge (アペティサン ルージュ) “美味しい 赤” 」

 

ディナー&トークイベント:3月26日(日)
16:00 OPEN (受付開始)

アペロゼ(食前酒にロゼ)とラタトゥイユで乾杯

16:30   Artist Talk:藤本絢子 x 久保友則(ソムリエ/コルクアーティスト)

17:15 Buffet Dinner

定員:20名
参加費:5,000円 飲食代(立食)&サービス料・税金込

会場:
CAFE NiCE MATiN(KEISUKE MATSUSHIMA内)

 

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-4-20パークコート1F

 

最寄駅 千代田線:明治神宮前 5番出口より徒歩10分 山手線:原宿駅 竹下口より徒歩10分

 

御予約
:KEISUKE MATSUSHIMA

Tel. 03-5772-2091

info@plusartclub.com

主催:+ ART CLUB http://plusartclub.com/

KEISUKE MATSUSHIMA http://keisukematsushima.tokyo/

CAFE NiCE MATiNの営業に関するお問い合わせはレストランKEISUKE MATSUSHIMA(03-5772-2151)へお問い合わせください。
第27回目となる食とアートの会は、藤本絢子の絵画を「Apétissant Rouge (アペティサン ルージュ) “美味しい 赤” 」と題して展示し開催いたします。
藤本絢子の絵は金魚や花をモチーフにすることが多く、そのモチーフの色面同士が織りなすコントラストが作品のエネルギーとなり魅力となっています。
彼女は「色面に自らを没入できる“依り代”のようなものがほしい時、植物や動物のモチーフを形成することでより自らの中の具体的な感情を擦り込む」ことができると言います。
また、彼女には「言語化しようとすればたちまち泡のように弾け失せてしまうような微細な感情」という言葉もありますが、それはそのままフレンチの食やワインにも通じる言葉のようにも思えます。
今回のフレンチのレストランKEISUKE MATSUSHIMAと併設されたCAFE NiCE MATiNでは、花をモチーフにした作品を中心に、藤本絢子のルーツとなる初期の夕焼け雲を描いた作品も1点展示されます。

 

フランスでもKEISUKE MATSUSHIMAのベースとなるのは南仏は、色彩に意識の強い作家を歴史的に魅了してきた地域であることは言うまでもありません。

和食のテイストをフランス料理に取り入れた松嶋シェフのレストランで、藤本絢子の色面同士が織りなすコントラストのエネルギーをお楽しみください。

原宿フレンチレストランKEISUKE MATSUSHIMA 店内に作品展示しております

2017.03.04

原宿のフレンチレストラン KEISUKE MATSUSHIMA と併設されている CAFE NiCE MATiN の店内にて5月末まで作品を6点展示して頂いております。

IMG_4483
フランスはニースでお店を構えていた松嶋啓介さんが日本の拠点としてプロデュースされた本格的かつカジュアルなフレンチを堪能できるお店です。是非お気軽にご来店ください。

 

IMG_4484

IMG_4485

IMG_4486

 

KEISUKE MATSUSHIMA
東京都渋谷区神宮前1-4-20パークコート神宮前1F

営業時間:昼 11:30 ~ 15:00(LO 13:30)
夜 18:00 ~ 23:00(LO 21:00)日曜日 LO 20:00

定休日:無休(年末年始休暇/その他臨時休業除く)

全面禁煙 個室あり テラス席あり

ドレスコード:スマートカジュアル
(男性のお客様は上着、または襟付きシャツをご着用の上、ご利用をお願いしております。)
小学生以下のお子様は個室でのご利用に限りますので直接店舗までご連絡下さい。

サービス料:ランチ10% ディナー10%
TEL 03-5772-2091
駐車場:屋内20台 10:00~24:00 ¥500/30分

 

アクセス:千代田線明治神宮前駅 5番出口より徒歩10分
山手線原宿駅 竹下口より徒歩10分

 

明治通りから原宿警察署を通り過ぎて、神宮前M-SQUAREビルのLOTASショールームの吹き抜けを左手に抜け、マンションの敷地内へ。進行方向左手にKEISUKE MATSUSHIMA がございます。※東郷神社の入り口からは通り抜けできません。

 

※CAFE NiCE MATiNは3月に試験的にオープンし4月より正式にオープンをする予定なので、3月中は原則としてレストランのご利用の上カフェスペースにお入り頂きますようよろしくお願いいたします。

 

ランチ、ディナーコースなど詳細はレストランウェブサイトをご覧ください
http://keisukematsushima.tokyo/

 

アルメニア アートシンポジウム⑥ オープニングレセプション

2017.03.02

IMG_2094

 

エレバンのレジデンス先にて丸一日制作しても仕上がらず、結局翌朝ギリギリまで手を加えようやく滞在制作作品が完成。

 

IMG_2098

IMG_2099

この日の朝ごはんはご近所の方が手伝いに来てくださりとても大きなオムレツを作ってくださった。手間暇かけたフワフワの優しい新鮮卵の味がした。

 

 

午前中エレバンのシャランベヤン博物館にて搬入作業スタート。一緒に郊外を回ったアルメニアのアーティスト達やいつも日本語通訳をしてくれる現地の人も集まってくれる。

 

 

IMG_2102

IMG_2105

滞在制作作品「Jewel of Armenia」キャンバスにアクリル絵具  32×41cm  2016

 

IMG_2107

滞在制作作品「Color of Armenia」キャンバスにアクリル絵具 24×33cm 2016

 

 

午後には陳列作業が終わり、その後予定通り国際アートシンポジウム “Human as a Part of Nature” のオープニングが開催された。

 

“Human as a Part of Nature” Art Exhibition 4th October – 7th October
in Hovh. Sharambeyan Center of Popular Creation.

 

 


IMG_2184

IMG_4327

IMG_4328

 

沢山の地元の方が来てくださり、私もいつもの作品ゆかたを着て現地メディアの取材も受ける。

 

IMG_4318

IMG_4326

IMG_4317

今回は日本からのアーティストは滞在制作作品と日本から持って来た作品を展示し、アルメニア、モルドバからのアーティストの作品も展示される。

オープニング後は夜からナレカチアートセンターにて参加アーティストがそれぞれの作品についてプレゼンテーションをし、一般の方々と質疑応答を行う。

 

 

IMG_4323

アルメニアのアーティスト達のプレゼンテーション。

 

 

IMG_4320

IMG_4321

IMG_4322

私もスライドショーで自分の油彩画や壁画を見せながら解説する。一般の方々からも作品についての質問を受け通訳を介して答える。

 

緊張したけれど自分の制作について伝えたいことは伝えられたかなと思う。通訳や作品設置、様々な手配など沢山の方の協力のおかげで素敵なオープニングにすることができた。

 

 

1 / 11

ページの先頭へ