BLOG

アーカイブ:2016年 10月

かがわ・山なみ芸術祭 壁画制作44〜53日目(4/30〜5/8)

2016.10.24

芸術祭が始まってからは一層バタバタした空気になっている。私も何かしら手伝いやイベントに参加しながら壁画の仕上げと追加制作を続ける。

 

image

喫茶リーフの向かい側の山道を少し登った高台からの眺め。リーフの皆さんが壁画のビューポイントとして整備してくださった。

 

img_8454

喫茶リーフの敷地内では芸術祭中地域の方がうどんや惣菜を販売しており、壁画の下へも頻繁に人が観に来るようになる。遠くから観るのとはまた違うねと壁画を見上げながら楽しげに言ってくださる。

 

 

img_8486

 

img_8491

足場がなくなり猫達も通りやすくなった模様。

 

 

 

 

壁画右下の紅白梅の部分の完成度が気になっていたので主にそこを加筆。

img_2962

img_2964

 

 

 

公開制作中も芸術祭では様々なアーティストのパフォーマンスやワークショップ、イベントなどが行われる。私も喫茶リーフで行われた“アーティストスナック”という企画の主催メンバーとしてイベントを開催。

img_8563

 

 

アーティストスナックとは地域の方がアーティストともっとフランクに交流できる場を作るという趣旨で、喫茶リーフさん協力のもと芸術祭参加アーティストが持ち回りで企画を行うというイベント。第一回目を他のアーティストと共に担当。

 

 

img_8566

私は作品ゆかたを着て配膳などを手伝いながらリーフさんの壁画や作品についてお客さんと語らう。

どの様な感じになるかドキドキしたけれど、予想以上に地域の方がたくさん来てくださり、親子連れから偶然お店に来たお客さんまで皆さん楽しんで頂けた様でよかった。

 

img_8559

カッパ師匠によるカッパジュークボックス(お客さんが入れた曲を何でも歌いきる)も絶賛稼働していました。

 

終盤には映像作家鉾井喬さんの映像作品をみんなで語らいながら鑑賞。ギャラリーではなくこういう場で作品を観てもらう意義をとても感じた。

img_8576

 

 

 

 

他にも地域の方のお屋敷の囲炉裏を囲み、綾川町の歴史や風習などを聞き語らうイベントに参加したのが印象的だった。

img_8693

img_8696

 

 

 

 

公開制作はゴールデンウィーク後半から側面の壁の追加制作に入る。

img_2963

img_2965

img_2970

 

 

 

横の壁画の色を広げてグラデーションを作る。モチーフは描かないが横の壁画と馴染むものを作るには様々な色を重ねる必要がある。

img_2969

img_2972

img_2971

 

 

 

 

5/7までに描き上げて5/8の午前中にコート剤を塗り、午後には最終日の宇多津町での個展会場へ向かうことに。足場は後日解体して頂く。
案の定ギリギリまで描き込むことに。

 

img_2973

img_2974

 

日没後も投光器で見える範囲に手を加え、何とか描き上げる。

 

 

 

5/8はコート剤塗りと2ヶ月間滞在した荷物の荷造りでバタバタし続け、お世話になった方々には5/24の芸術祭閉会式に合わせてまた来る時にご挨拶することにして宇多津町へ向かう。

宇多津町の個展も2週間にわたり沢山の方がご来場くださった様で、こちらも今日で終わりかと思うと色々と感慨深いものがあった。

 

かがわ・山なみ芸術祭 壁画制作

image

image

image

 

 

 


img_8777

img_8782

会期を終え撤去される個展ポスター。

 

 
搬出が完了し展示作品と備品、壁画制作の画材などを積み込んだトラックに乗りそのまま関西の作品倉庫へ出発。

出発前に搬出作業をお手伝いしてくださったアートアワード関係者の方々の前でお礼とご挨拶をすると拍手で送り出して頂きました。

とても嬉しかった。

 

 

カテゴリ:diary , 壁画コメント(0)

かがわ・山なみ芸術祭 壁画制作40〜43日目(4/26〜29)

2016.10.22

壁画制作40日目は歌いながらでも誤魔化せないくらいの疲労の蓄積と焦りでどんどん視界と気持ちが狭くなってきていたが、一緒に滞在しているアーティストの声掛けですっと開けた気がして何とか持ち堪える。

 

img_8241

img_8238

 

 

 

41日目も向かいの道路から全体を眺め気になる部分を修正し、また向かいの道路まで歩いて気になる部分を探す作業の繰り返し。

img_2948

img_2945

 

雨も降り始めるが作業継続。

 

img_2946

img_2958

 

 

リーフのママさんが作業しながら食べてねとお昼を持ってきてくださり、頑張ろうと励まされる。

img_8249

 

 

壁画は完成後出来る限り乾燥させてから紫外線や雨風から保護する為の透明コート剤を全体に塗らなければならない。凹凸のあるコンクリート壁面に均一にハケで塗り込むのは結構な時間と労力がいる。
そしてコート剤を塗り終えてから遂に足場を解体し、初めて壁画の全体を観ることになる。足場を外したら上部の加筆や修正は2度とできない。

img_2956

 

 

芸術祭がスタートする4/29の午前中には必ず足場が撤去された状態で公開しなければならない。

ギリギリまで制作するため、28日の夜までに足場がないと届かない部分の制作を全て終え、地上から届く範囲のコート剤塗りなどは芸術祭がスタートしてから公開制作という形で行うことにする。

そう決めるとほんの少し気持ちに余裕が出来るが、芸術祭スタートと同時に公開できるクオリティにできるまで時間との戦いであることに変わりはない。

 

img_8255

壁画制作始め頃は遠巻きに監視していた猫達も気付けば足場の上まで登ってくるように。

 

 

この日の夜喫茶リーフの皆さんが夜間壁画をライトアップするために投光器を取り付けてくださる。とても嬉しい。

img_8263

暗闇に浮かび上がる壁画はまた違った印象で、早く足場を外して照らしたいと前向きな気持ちになる。

 

 

42日目、芸術祭スタート前日。出来る限り早起きをして制作を始める。他のアーティストや運営の人達もバタバタとせわしない空気の中、自分は目の前の絵を描き上げることに集中する。この日も小雨が降り続ける。

 

img_2949

img_2947

img_2950

 

どこをどのように書き足したかあまり覚えていないけど、気付けば段々日が落ち始め暗くなっていた。

 

気力を振り絞り、中心の黒い幹の部分にサインと日付けを入れる。

img_2955

 

 

もう今からコート剤を塗り始める気力は残っていないので、明日夜明けと共に一気に塗り上げて、町の皆さんに午前中に足場を解体して頂くことにした。

私のいたらなさで足場解体の日程が何度も変わってしまいとても申し訳ないが、皆さん嫌な顔一つせず引き受けてくださる。

この日は夜に芸術祭の前夜祭もあり、いよいよ始めるのかという感慨深さがあったが、それよりも明日トラブルなく無事コート剤を塗り足場を外して壁画の完成形を公開できるかで頭がいっぱいだった。

 

 

43日目 4/29 朝6時頃に足場上部からコート剤を塗る作業を始める。コンクリート面は絵の具を塗った後も凸凹していて、ハケを強く擦り当ててコート剤を均一に広げていかないといけない。そして透明なので塗り残しがないかも分かりにくい。

とにかく早く、念入りに、そして足場から落ちない様集中する。

img_2951

img_2952

 
壁面の半分を塗り終えたところで足場を解体してくださる町の方が到着される。まだ約束した時間より早いが待たせるのも悪いので、すでに塗り終えた上部の足場から順次解体し初めてもらうことにする。

解体の手捌きはとても鮮やかであっと言う間に足場が外されていく。

 

img_8314

 

 

当初は描く予定のなかった壁画側面の壁の一部にも芸術祭開催中に公開制作という形で少し描くことにしたので、一部の足場だけ残してあっと言う間に約2ヶ月間ビクともしなかった頑丈な足場が撤去された。
足場がなくなり、初めて何も遮らない状態の壁面を観る。

 

 

img_8349

 

 

朝日に照らされた壁画は一層存在感を増して棚田の景色の中にそびえ立っていた。

 

地面付近の花の細部などまだ少しこっそり仕上げたいところもあり、ここで完全に筆を置き完成という訳にはできなかったのが少し悔しいけれど、ひとまずの “完成公開”の状態まで辿り付くことができた。

 

あまり感慨に浸る時間はなく、芸術祭の開会式に出る準備をするため宿舎へ戻る。

翌日からも公開制作という形で地面近くの壁面の気になる所に手を加えていき、ゴールデンウィーク中に横の壁面も新たな壁画を制作する予定。

 

 

開会式が終わって一息ついてから、さっそく公開制作を開始。芸術祭を観に来た人が途切れなく壁画の前で足を止めてくださるので、壁画のコンセプトを簡単に説明しながら日没まで作業をする。

 

 

img_2961

img_8388

 

カテゴリ:diary , 壁画コメント(0)
1 / 11

ページの先頭へ