BLOG

アーカイブ:2015年 10月

『アルメニア日本大使館設立記念交流展』参加中

2015.10.27

アルメニア共和国に日本大使館が設立された記念の両国のアーティストによる交流展に現地参加しています。

image

image

 

『アルメニア日本大使館設立記念交流展』
“Armenian- Japanese Contemporary Art Exhibition”

・first galleryMuseum of History of the City of Erevan
11AM – 17:30PM closed Sundays
1/1 Argishti street, Yerevan, Armenia,

official site:www.yhm.am

 

・second gallery
Hovhannes Sharambeyan Centre of Popular Creation

Abovyan str. 64,Yerevan 0001, Armenia,

Tuesday-Saturday  11AM-17PM
Sunday  11AM-16PM  Closed Mondays

official site:http://cpc.am/

 

オープニングパーティーではアルメニア国営テレビの取材も受け、それぞれの会場に大勢の現地の方が来場されました。

image

image

image

 

image

image

 

 

 

こまつ町家文庫襖絵プロジェクト 5

2015.10.26

10/16午後、滞在6日目で無事襖絵両面完成しました!

image

鯉が滝を登ると龍になるという伝説から鯉を描きました。2匹の鯉と龍の構図も少し似せてあります。

image

 

image

 

image

 

龍が宝珠の代わりに持っている本にはこまつ町家文庫、小松市龍助町、とそれぞれ書いてあります。

image

 

 

image

 

image

 

image

 

image

初めての襖に新しい画材、そして龍のモチーフに始めはかなり苦戦しましたが、町に滞在しその場所の力を借りることで何とか納得のいくものを残せたと思います。

image

 

こうして新しいことにチャレンジすること、その状況下ごとに得られるものを前向きに活用することの大事さを改めて感じました。

滞在中とても親切にサポートしてくださったこまつ町家文庫のスタッフの皆さま、そのご家族の皆さま、そして公開制作にお越し頂いた町の皆さま、取材して頂いたメディアの皆さまにはとても感謝しています。

image

image

 

 

生まれたばかりの襖絵ですが、永い時間が流れた町家に少しずつ馴染んでいき、町の方々や町家文庫に来られる方々に少しでも愛着を持って頂けたならそれ以上嬉しいことはありません。

過去に東北や沖縄にも壁画を滞在制作してきましたが、作品を残してくることでその土地との縁も続き、自分の手を離れた作品がその場所の風土の中で新たな時間を刻んでいけることはとても嬉しいことに感じます。

また必ず遊びにいきたいです。

 

 

image

 

 

こまつ町家文庫facebookページ https://www.facebook.com/%E3%81%93%E3%81%BE%E3%81%A4%E7%94%BA%E5%AE%B6%E6%96%87%E5%BA%AB-138350176265572/timeline/

今回使用するアクリルガッシュは“Turner Ambassador Program”の一環として ターナー色彩株式会社 より提供して頂いております。
ターナー色彩株式会社 ターナーアンバサダープログラムサイト
http://turnerambassador.com

 

カテゴリ:diaryコメント(0)

こまつ町家文庫襖絵プロジェクト 4

2015.10.20

小松市に来てあっと言う間に5日目に入ったころ、襖絵も仕上げ作業に入りました。

連日現場のこまつ町家文庫で寝泊まりしていましたが、町家に籠りながら作品を作っていると何だか常宿に籠って執筆する昭和の小説家になったかのような気分になりました。

image

 

 

古くて広い町家ですが夜も怖さは全く感じず、襖絵の横で温かい布団で熟睡。

image

image

 

朝は中庭からの朝日に癒され、昼は吹き抜けの天窓からの青空に励まされます。

image

image

閉鎖感はないが独特な時間が流れていて創作活動にはとても良い場所に感じました。
今回は時間に余裕がなく小松の町をゆっくり散策できなかったのが残念ですが、またゆっくり遊びに行きたいです。

 
こまつ町家文庫facebookページ https://www.facebook.com/%E3%81%93%E3%81%BE%E3%81%A4%E7%94%BA%E5%AE%B6%E6%96%87%E5%BA%AB-138350176265572/timeline/

今回使用するアクリルガッシュは“Turner Ambassador Program”の一環として ターナー色彩株式会社 より提供して頂いております。
ターナー色彩株式会社 ターナーアンバサダープログラムサイト
http://turnerambassador.com

カテゴリ:diaryコメント(0)

こまつ町家文庫襖絵プロジェクト 3

2015.10.19

10/12月曜祝日、15時から18時まで公開制作を行いました。

image

 

鯉や龍のモチーフの描き込みは前夜までで一旦止めて、寝かせた襖の上から水で溶いた絵具を筆で垂らす作業をしました。こちらの方が動きがあり、画面もどんどん変わっていくので観ていて退屈させないかと思ったので。

image

どちらも水のモチーフなので、しぶきや滴りの表現とはとても相性がよく、作業を始めてからどんどん画面も生き生きとしていきました。
さらに嬉しいことに、当日は荒れたお天気だったのですが見物の方々が絶えず来てくださり、回りに座って静かに見守っていてくださったので、私もほとんど休むことなく緊張感を保ったまま制作することが出来ました。

image

 

image

image

 

 

事前に町家文庫から告知もして頂いていたのですが、当日朝の中日新聞の記事を見てきてくださった方もいらっしゃったようで有難かったです。

image

この公開制作で勢いを付けられたのがその後襖絵が良い方向に向かった大きな要因だったと思います。

image

 

image

公開制作終了後はスタッフさん方とプチ打ち上げをし、その後また制作を再開しました。

こまつ町家文庫facebookページ https://www.facebook.com/%E3%81%93%E3%81%BE%E3%81%A4%E7%94%BA%E5%AE%B6%E6%96%87%E5%BA%AB-138350176265572/timeline/

今回使用するアクリルガッシュは“Turner Ambassador Program”の一環として ターナー色彩株式会社 より提供して頂いております。
ターナー色彩株式会社 ターナーアンバサダープログラムサイト
http://turnerambassador.com

カテゴリ:diaryコメント(0)

こまつ町家文庫襖絵プロジェクト 2

2015.10.19

10/10まで大阪のアトリエで襖絵の両面に手を加え、先に襖絵を郵送。翌日の夕方私も石川県小松市に画材道具一式と共に到着しました。

image

到着早々町家文庫スタッフさん達の熱烈歓迎!笑  とても和みました。

こまつ町家文庫に着くとすぐに中日新聞さんからの取材を受けさせて頂きました。

image

翌日12日の午後には襖絵の公開制作を行う予定だったのですが、その告知として間に合うよう翌朝の朝刊にカラーで掲載して頂きました。

image

 

取材後さっそく町家での本格的な滞在制作が始まりました。
鯉の裏には龍を描きました。

image

 

こまつ町家文庫がある“龍助町”という素敵な地名に因みリクエスト頂いたのです。
龍は本当に難しい。初めは狩野派の襖絵や天井画 “っぽい” イメージで描き始めましたが、自分の中にないものを描いたところで良いものにはならないと挫折。自分の中にある龍とは何かを考え続けた結果、鳥山明先生の神龍になりました。龍が宝珠の代わりに持っているのは和綴じ本です。

翌日の公開制作に向けて少しでも完成度を上げたくて夜明け前まで制作していました。
こまつ町家文庫facebookページ

https://www.facebook.com/%E3%81%93%E3%81%BE%E3%81%A4%E7%94%BA%E5%AE%B6%E6%96%87%E5%BA%AB-138350176265572/timeline/

今回使用するアクリルガッシュは“Turner Ambassador Program”の一環として ターナー色彩株式会社 より提供して頂いております。
ターナー色彩株式会社 ターナーアンバサダープログラムサイト

http://turnerambassador.com

カテゴリ:diaryコメント(0)

こまつ町家文庫襖絵プロジェクト

2015.10.05

この度ご縁があり石川県小松市で運営され11月にリニューアルオープンする こまつ町家文庫 さんの町家内の襖絵を制作させて頂くことになりました。
今回使用するアクリルガッシュは“Turner Ambassador Program”の一環として ターナー色彩株式会社 より提供して頂いております。

先日まっさらな襖が石川から大阪のアトリエに届き制作開始いたしました。今回は“鯉”と“龍”を表裏で描きます。約一週間アトリエで制作したのち襖と一緒に小松市へ上陸し現地で仕上げる予定です。
初めての襖と十年以上使っていなかったガッシュによる制作でまだ慣れませんが、良いものにできるよう頑張ります。

IMG_3015 IMG_3038

 

こまつ町家文庫HP http://www.tatemachidaigaku.jp/tatemachidaigaku_project/machiyabunko

 

カテゴリ:diaryコメント(0)

大阪MI gallery“Young Creators Award 2015”にノミネート出品

2015.10.04

MI_AWARD2015_omoteOL-01
10月6日から大阪MI galleryで開催される “Young Creators Award 2015” に紅白椿シリーズの作品がノミネート展示されます。他アーティストのノミネート作品と共にご高覧ください。

“Young Creators Award 2015”

10月6日(火)~23日(金)
13:00~18:00(土日月祝休廊 最終日17:00まで)


レセプションパーティー 大賞・各賞発表・表彰式
10月21日(水)
参加費:一般¥1,000 学生:無料

19:00~20:00 審査員による作品品評トーク
20:00~     大賞・各賞発表・表彰式
20:30~     交流レセプションパーティー

審査員
・松谷 武判(パリ在住作家)
・加藤 義夫(インディペンデント・キュレーター、美術評論家)
・坂上 義太郎(BBプラザ美術館顧問)
・三通 治子(ファッションデザイナー)
MI galleryウェブサイト http://www.migallery-jp.com/framepage-jp.html
MI_AWARD2015_nakamenOL-01
1 / 11

ページの先頭へ