BLOG

カテゴリ:diary

台中の旅

2018.07.01

臺日美術交流展のオープニングセレモニー終了後は現地の方に台中の町を案内して頂きました。


B090C686-DF75-49FC-AC6E-12A7038FC284
紫雲巌は清水区にある台中最大の観音廟。屋根や壁の装飾がとても細かく色鮮やかでずっと見ていて飽きなかった。

 


CDA97A5E-056C-4C17-B1ED-23F2106568CB ED59E9BE-8D0F-487D-8CE4-DD0B93D656CA 16149EAD-A22B-40C6-B187-B74A320B366E A7DAE7C0-0A7B-4650-9F11-22F01CE1D817

 

 

お供え物もカラフルで死者に持たせるためのお金の冥銭など興味深かった。

CA486F91-A000-402F-A825-3410FC913CC107017333-96BC-44FB-88D5-FF5CD7650EDB

 

 

 

 


翌日は一度行って見たかった彩虹眷村へ。
6E1008E0-B005-4964-A8DB-63BE4CEC00C4

06BEF19B-CFF9-4FFD-82F1-979AD494739E

EE2A405E-3CC3-487B-ABD5-7D50686BA487D64833E8-AAA4-47F9-B7E6-5E91F0B9A6C7

老朽化して取り壊されそうになった村を残すためおじいさんが一人で町中に絵を描いて人気の観光地になり取り壊しを免れた場所。私もいつかこんな風に空間まるごと自分の壁画で埋めてみたいと思った。

 

 

F9E547F8-4D1C-4BB2-9BAB-54EA780D0501

小さなスポットなのに観光客でいっぱいで壁画のグッズも沢山売られていてその横に絵を描いたおじいさんご本人がちょこんと座ってらっしゃいました。写真サービスコーナーのようになっていてすごく撮られ慣れている様子。80歳を過ぎてから村に絵を描き始めたとのこと。

 

 

 

 

その後は國立台灣美術館へ。

5B7D4612-AC7A-4540-9C2A-504E12EE48FE

D8CDA98D-7C3D-42E3-9389-C7F687714917 C9A2944B-4AEC-41F0-B5CA-269EAD721BA9 3510A926-9E5F-4E8D-97DD-BA0A511B4A9B

 

屋外やエントランスに大きな作品が並び、館内で開催していた現代アートの企画展も面白かった。

 

49FC2723-434E-4A63-9532-A898E5C291CD

219C93E4-6D5B-47E7-A190-9BA335A4D2A7 72906BD1-E404-486A-AE79-5D569DBA9598

 

 

 

美味しいお店にも沢山連れて行ってもらい高級食材からファストフードまで堪能しました。
E933EBFC-628B-408C-8F0A-C8817EA4D345
303E6DA9-F0CB-41F5-89C6-59CF80244BC5 4B6ED45B-854E-4D54-B6E6-594846923BA9 2A15FF0C-D5C4-4EEE-BF2E-A07C61F5332384CA9835-1C17-4C70-8386-E5DB93C73A32

6F7C8864-BD82-47EC-8E6F-2834BDB225E2

BA708DCF-2E7F-491F-A966-9C138225BC66

海鮮もフルーツも本当に美味しい。

 

B74E78C7-5E9D-497E-81D1-DFB39DA71F1504BC183E-F827-4CCE-BFE1-E4B12348BFBF

北京ダックに金魚型の飲茶。

 

 

77225025-6DA0-4936-802F-2E2B91CEEC44

A29AECC3-BFA0-4B61-A70D-0A408171FA74

地元の人でいつも賑わう人気店へ。肉の餡をお餅のように柔らかい皮で包み揚げたものに甘辛いタレを付けて食べる。日本でもありそうだけど食べたことのない不思議なジューシーさ。

 

3A33F8E3-1676-40C7-8E62-FEE4C7CBB617

本場のタピオカミルクティー。50嵐と書いて五十嵐という意味だと分かった時の謎の感動。

 

 

49CFAB53-91BC-4391-ABA9-4FDF7AE90F69 2556D062-83BE-4705-A1C2-F7EA7AC6FBB6

フリーマーケットが行われていたお洒落なエリアでは亜熱帯っぽい木がお店に溶け込んでいた。

 


83E5C8A1-678C-4DC0-84A4-E24821573D6D

市内の夜市にも連れていってもらいました。

 

CAFDE48C-7AA8-4222-BACE-BA9CBCE98A0D5AFE277F-1184-44F3-B298-38356902AB9D

台湾の夜市は台北の士林夜市が有名だけどここの夜市もとても賑やかだった。

 

7E0E39C6-B8B8-4F3E-97BA-C8F7AC3718F2FA8C7D42-ED70-4A6B-BCE6-8BC5EA6FDB9E66C738EA-897F-4408-97D8-E171A5EF202D

初めての臭豆腐。味は美味しいけど鼻から息をすると強烈な匂いに襲われた。

 

カテゴリ:diaryコメント(0)

台湾での展覧会

2018.06.28

5月13日から6月3日まで台中市で開催された日本と台湾のアーティストによる展覧会に参加いたしました。私も搬入とオープニングセレモニーに参加し、会期中は出展作家による公開制作イベントも行われました。

 

137FAD08-BEA0-4F1F-87B3-4DA8C16B6C39


11701684-29D5-4E44-A97D-A8202EA97CA1

2E1BFDF4-5907-4E64-85E8-D71B4849AF7C

F7355301-EED0-4577-ABF1-C0F66C2D1FE0

 

会場の臺中市港區藝術中心は複数の展示スペースがありコンサートホールも併設された広くて綺麗な施設でした。

 

 


D342B8E0-9BC8-4DEA-BE88-9A321D4C9DDB C4E7BEAB-E64D-4119-843C-D38A11338D3D CBBF98BC-F06C-44CD-8F4B-768D800486D4作品搬入の模様。

 

 

展覧会初日のオープニングセレモニーでは沢山の人が来てくださり、館長さんや台中市議員さんのスピーチなどの後に日本の参加アーティスト代表でスピーチをさせて頂きました。

 

685A8B35-078B-4D73-9D05-B6562D51728A36249456_1774388885986431_8446841919673204736_n

ECACBE9D-7E25-4F7F-981C-48A4B748EC9C

4D59A0F2-8AE1-47BB-9BA9-8337E963DCF3

36380596_1774329395992380_5010076159623299072_n

69893653-D254-47D2-8C81-87D669B9C6B7 16C3F9A2-2B45-4A22-8260-5B9BAA79A2A3

この展覧会や各日本人作家の作品の紹介と、台湾の人々が東日本大震災の時に多くの支援をしてくださったことのお礼を伝えました。

 

 

36295442_1774329282659058_8980344860053602304_n

関係者、参加作家揃っての写真撮影。

 

 

 

654A65EE-E78C-4C93-981C-522EC0A490E417E41442-02C9-4216-981A-7AEC9BD7F51E32349779_1719875504771103_9042152566179233792_n

一緒に展示している台湾のアーティストの作品も面白いものが多く、セレモニー後の食事会では通訳を介してコンセプトなど色々聞けて面白かったです。

 

 

 

 

36279810_1774388915986428_1728145486717648896_n

13349412-89E1-43E8-A56E-D2FB70929DE6

隣りのスペースで展示しているアファ・リンさんは区画整理のために取り壊された古い民家のタイル壁の破片をハンドバッグの作品にして、経済発展の影の古き文化の破壊というカジュアルな見た目とは裏腹なテーマの作品を展示しています。

 

写真作品の瓦礫の上に伏している女性は家が取り壊されてもなおそこで安らいでいる様を表現しているそうです。

 

 

36280437_1774329655992354_5053384247604150272_n

26B67CCF-DAF7-4AA5-82C8-F40601D72474

 

 

 

 

 

 

セレモニー後は関係者で食事会。台湾の各地から集まってきたアーティストの話はどれも面白かったです。初めて見る料理や果物もたくさん。

36324378_1774329452659041_4380542097011245056_n
36318994_1774329349325718_2146510133532819456_n

36316233_1774329332659053_745944534080290816_n

 

 

 

 

36289539_1774329292659057_1900372713214574592_n

関係者のご家族の家にも招かれ手作りの花細工をプレゼントしてくださりました。皆さんとても親切にしてくださりました。

 

 

 

会期中は沢山の方にご来場頂きとても光栄でした。企画して頂いた台湾と日本の関係者様方、サポートしてくださった皆様に心から感謝します。我愛台灣、多謝。

 

 

36295437_1774329702659016_306479275580588032_n

 

『文化風格  臺日美術交流展』 5/12 Sat ~6/3 Sun  9:00~17:30(週一休館)

開幕式(reception):5/12 Sat  AM10:00~

展出者:蔡獻友、郭哲宇、林順發、謝其昌、陳秋貴、梅村誠、桑幡紀行、松井明、藤本絢子

臺中市港區藝術中心 (TAICHUNG CITY SEAPORT ART CENTER) 展覧室C

43648臺中市清水區忠貞路21號

tel. 04-2627-4568

 

 

マリンバとのコラボレーションコンサート

2018.05.27

先月末「吉岡孝悦プロデュース〈展覧会のマリンバ〉」に参加させて頂きました。

 

B3757828-0257-4FA8-BD69-70B74654F85E

74B39AF4-F62D-490D-AB9A-8EBB8860012B

D5F5021C-002D-4482-BE40-3C2446550669

 

様々なジャンルのアーティスト6名の代表作6点に曲を作り作品イメージが投影される中で演奏してもらう面白い形式のコンサート。会場内には実物の作品も展示されました。

 

今回のようなコラボレーション企画に参加するのは初めてでしたが、終演後ご来場頂いた皆さんに面白かったと言って頂けてとても安心しました。

私も作品に曲を作って頂くことで完結していたそれぞれのイメージが新たに広がり、自分の作品に対してまた新鮮な気持ちを持てたりとても貴重な経験ができました。

 

 

AA370B83-D9A1-4B2C-B8CF-8028AA0B7A91FB1CE8CC-0A64-48DC-A240-468C9487052C9C03F5D5-10E1-4BFE-A879-7A0D8F25B4CE

 

これからも機会があれば新しいことや他ジャンルとのコラボなどやっていきたいと思います。

貴重な連休中にご来場くださった皆様、誠にありがとうございました。

 

15C9BFB1-984C-49FE-846E-01844558E35A

 

 

カテゴリ:diary , Works-INFOコメント(0)

壁画を描いた陸前高田へ

2018.04.15

2012年に仮設店舗の壁画を滞在制作した岩手県陸前高田市のカフェレストランBricks.808が遂に本設に新装開店したので先月遊びに行ってきました。

60EEB269-BDDF-4C33-85C9-CE3998EF5A27

AF4F331D-79E9-4913-9504-115E3415B055

新築リニューアルオープンしたBricks.808。津波で全て流された町の中心地を数年かけて嵩上げした新しいエリアに移転しました。

 


7DE9488F-2649-40F9-9B6B-5D7D332C0385本設が建てられ役目を終えた仮設の壁画も廃棄されるはずでしたが、店長の亮さんがわざわざコンテナを解体して本設の横まで持ってきて残してくれました (手間や費用すごくかかるのに!)

 

515005A5-BA5B-416D-B8F1-C086A9AE5FBF壁画コンテナの前で店長の亮さんと。

Bricks.808は2008年にオープン後2011年に津波に流されました。翌年コンテナを使った仮設店舗で営業再開する時、現地に移住し復興活動に携わっていた友達が私とお店を繋いでくれて画材だけ持って陸前高田へ向かい、約三週間滞在して色々な人達と交流しながら壁画を描きました。

 

DSCN7351

壁画制作前のコンテナ。塗装をグラインダーで全て削ってからのスタート。

 

DSCN7383

制作中津波注意報が出て絵具を置いたまま避難したこともありました。(幸い津波は来ませんでした)

 

DSCN7394

今より技術も経験もない中、全て流されて鮮やかな色彩がなくなった場所に少しでも彩りを足すことができれば、それで数人だけでも喜んでもらえたら、と必死に描いていたのでその後6年間も綺麗に残してもらえるなんて想像していませんでした。

 

IMG_1500 (2)IMG_1501 (2)DSCN7476

IMG_1942IMG_1943

 

 

新しいお店はとてもお洒落で相変わらず料理もおいしくて、これからも町の人に愛されるお店となっていくと思います。

 

CCF42D08-055A-45BE-B900-E4C97CE56BD3

90C68CFD-04EC-4651-9FF8-ECDC9102DBEE24ED677F-87B2-44F6-9CEC-DDE41C0D0E4A

亮さんのこだわりが詰まった店内。

 

1B86032C-69F6-4609-A297-A977F94286B6

夏には七夕祭を見ながらバーベキューができそうなウッドテラス。

 

1D79ED24-8C31-42D9-A39F-2A9C7387D9EA

二階も広々。

 

 

 

8B45AAE3-D343-431E-978D-481AFFE82A1C

久々の特製パスタが相変わらず美味しかった。

05ABE0B5-1D1B-44E1-92CB-883A6EA6470C

近くの広田湾で採れた牡蠣も悶絶するほど美味しかった。

 

 

00B7DC8D-BF51-4F7A-A5B1-78AE42463D22
9ABAB6A6-7F7D-45F2-AFDF-8BB378F6A34B

新装開店祝いを贈呈する様子。

 

震災から7年越しのリスタート。次遊びに行くのが楽しみです。

 

40E7423F-DD96-4861-ADC5-DF3B7E50EEC1

町のシンボル 奇跡の一本松。

 

カテゴリ:diary , 壁画コメント(0)

そごう大宮個展終了しました。

2018.03.09

3月6日をもちましてそごう大宮店での藤本絢子展 -inner confiture- 終了いたしました。

 

6891A6CA-B992-4095-86E9-7BEC21F44158
18544274-C030-40B0-BEAB-40464F1E03E9

C0F0416C-BA17-4453-9451-BEE9F5B210B0

 

規模や責任が大きくなるほど、“作品”を“商品”にすることの難しさと切なさ、そしてそれとは真逆のこの上ない喜びに翻弄されます。

どうすればもっと多くの人に届くのか、何を改善すればいいのか、何がよくて何がよくなかったのか。これを生業にする限りずっと考え続けるのだと思います。

 

そんな中でも最近は「自分が一番好きだと思える作品を作る」ことに集中するようにしたら少し楽になれた気がします。そして改めて “作品を観てもらうことの喜び” や “作品を通じて他者と通じることができる喜び” を、この個展では強く感じることができました。

 

忙しい中予定を工面してはるばる足を運んでくださった方々、そして私の作品に価値を見出しご購入くださった方々、本当にありがとうございました。

遠くから応援してくださった方々もありがとうございました。
ご尽力頂いた関係者の方々にも心から感謝いたします。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

47986997-5492-4277-BE59-20F4E4791D50090E96CA-500D-4632-BC33-CD33CB8C548D5C45ACE1-40C6-47DE-8129-8B40DD95564A

 

 

カテゴリ:diary , 個展コメント(0)

フランス滞在制作20 お別れと帰国

2018.01.06


壁画完成披露パーティーの翌日アパートのご近所さんと一緒に近くの町のマルシェに連れて行ってもらった。

 

C8B920B0-36DC-4179-95A9-D7DD47447386D42811C2-D789-4618-BD69-D3C85D9F5BC5D05AE6F1-7ECA-4819-A217-73B554AE181C

ノワジエルのマルシェよりも規模が大きく売っている品物の種類も多様で楽しかった。

 

 

3460EDFE-4CDB-4A25-B29E-309B91F02C48みんなで休憩。

 

 

 

DEA77AF3-BFFA-4490-AA78-ADA763F6728DAA465EC0-D3BD-4E1D-B1A0-639B073D4965ブーランジェリーのスイーツ。この眺めも見納めかと思うと寂しい。

 

 

マルシェからアパートに帰るとみんなでランチを食べた。明日は1日ジヴェルニーへ連れて行ってもらうのでアパートのご近所さんとゆっくり顔を合わせるのはこれが最後かもしれないと思うと寂しくなるのであまりしみじみ考えないよう笑顔でいた。

BD20764C-2260-4BCC-A62B-13578ADB0840

 

 

 

 

昼食後はアートセンターへ行き壁画のコーティング剤の塗装作業や帰国するまでに済まさないといけない諸々の作業を行い夜遅くに帰宅。それでもまだ終わっていない作業もあり心が落ち着かないまま翌日早朝から壁画の撮影も行いその後ジヴェルニーへ向かった。

 

観光している間は気持ちを切り替え十分に楽しみ、夕方頃トルシーに帰ってからセンターに展示していた作品を搬出し帰宅。その作品を飛行機で持ち帰れるようしっかり梱包し他の荷物もパッキングして残っていた事務作業を全て終わらせた時にはすっかり朝になっていた。お昼に空港へ出発するまで必死にアトリエとアパートを掃除する。

 

 

 

43892409-FEDC-4205-8707-3D9DF5951576お世話になった人達への手紙も時間ギリギリまで書いた。用意したプレゼントと一緒に渡してもらうようヴァンサンに頼み預けた。

 

荷物をまとめてアートセンターへ向かう直前に中庭でチェリーに会うことができた。チェリーにお礼の手紙とプレゼントを渡すといつでもここに戻っておいでと言ってくれた。

693D7419-7FC5-4322-BF88-A272D0A5A1BF

6923C38C-4958-467D-83C3-0DCA1D02FF3E

 

A0F19E8D-FA06-4A98-AF4E-A6ED623EF254 E5C30EEB-D24D-41FA-A078-76A2E78509B7トルシーの最後の景色。到着した時と同じ美しい青空だった。

 

 

空港へ向かう前アートセンターに立ち寄り会うことができたスタッフのみんなにお別れを言う。あなたはとても頑張ったわと言ってもらえ危うく泣きそうになったが堪え、またトルシーに来たいですと伝えた。

 

その後荷物を車に積み込みシャルルドゴール空港へ出発。持ち帰る作品や備品が多くて重量オーバーギリギリだったが何とか無事搭乗できた。フランスを出発して17時間後無事日本に到着。2ヶ月間の滞在制作が無事終了した。

 

5840646C-20A0-4663-B545-E1B691D5DDEB習字風の漢字は最後に「風」と書いて渡した。全てトルシーの町から連想した漢字だった。

 

出発前の準備で疲弊して不安を抱えたままトルシーに来たら待っていたのは優しく親切な人達と美しい景色で、毎日が映画の中にいるような光景できっと日本に帰ったら今この瞬間のことも全て夢の中のことだったように感じるんだろうなと思っていた。

それでも今まで培った経験と能力を試されるような日々の中で自分の限界と可能性両方を感じて容赦無く揺さぶられることも多かった。とにかく誠実にいることだけで精一杯だった。そして“YOLO” (You only live once) という言葉をしみじみ噛み締めた。

人生は一度きり。僅か2ヶ月の間でも海外での滞在制作という夢を実現した人生でよかったと思うし、この2017年の夏の経験は一生モノだと思った。

 

D87EF99A-74FB-46C8-9E3A-EF7E12A18564フランス出発前に壁画制作した大阪お初天神の旅行安全のお守り、滞在中肌身離さず持っていた。帰国する時にヴァンサンにあなたが旅行へ行く時に持っていてくださいと言って渡したらとても喜んでくれた。

 

滞在制作については現地のテレビや新聞にも取り上げてもらえた。
ニュース番組 “7’Actu” 2017年7月5日放送オンエア内容のyoutube版(インタビュー部分は3分6秒から4分46秒まで)

 

ご厚意によりインタビューVTRのボイスレスバージョン(映像とBGMのみ)も作成して頂いた。

 

 

 
情報誌”Parisian” 2017年7月5日号※画像はウェブ版より

newspaper of the Ile-de-France region

IMG_8011

 

 

 

広報誌“La Gazette de Torcy” 2017年夏 242号

2017 summer numero 242

IMG_8014

 

 

 

新聞”La Marne” 2017年7月12日号

newspaper of the department of Seine et MarneIMG_8013

 

 

帰国後は疲れからしばらく寝込んでいたが落ち着いてから1番お世話になったヴァンサンに彼が好きそうな日本趣味の物を、アパートの皆さんとアートセンターのみんなにもお菓子と手紙を送った。807091FA-A55A-4AD9-AC4F-41A6E46EEC3E

無事届くか心配だったがヴァンサン達から素敵なプレゼントをありがとう、またフランスか日本で会いましょうというメールが来て嬉しかった。

 

またみんなに会いたいし、それまでにもっと作家としても人としても成長できているよう頑張りたい。

 

 

 

 

IMG_8228

 

 

 

カテゴリ:diary , 壁画コメント(0)

フランス滞在制作19 ジヴェルニーの庭

2018.01.05

 

日本に帰国する前日にずっと行きたかったMAISON ET JARDIN DE MONET  ジヴェルニーの庭 へヴァンサンに連れて行ってもらった。

1A8D3519-9000-4B1E-A052-0E1D5FD5A335

600317A0-7B6B-415E-9A4A-24815EB488E9 A3CC7698-DCD2-4683-9F0E-D5C6CA59062Cバケーションシーズンには非常に混雑するらしいがオフシーズンの午前中だったので少し並ぶだけで敷地内に入ることができた。

 

 


1A3D1C51-379C-4E59-8122-77502EA7DFC1 42D2D833-307F-4B7E-ADE0-AE5A0ED38C45 2FF5DAC9-2564-4D33-8C21-7810397B72B8 988779EB-E506-4F23-AF5A-9A1C6317718D 95EFB471-CAD1-40C2-9CDD-DB886190288E 2582B0E1-657F-4722-9ADB-30347E11FC2F 9F8C3285-DDA2-4E05-8766-0BE12EAEFF84 8AB2E1C9-72F5-40A1-9708-2B4CA6AFF931 4994C972-3717-4BD6-9654-B15056F6C85F

モネが設計した庭は手入れが行き届いていて様々な花が咲き乱れ、しだれ柳が水面に影を落とす蓮池はモネの作品の中にいるようだった。

 

 

457F59A5-CAB5-4DCC-B9BB-6B48D5701982
7033AB67-AA06-417C-AA1D-338665014DCB F0EF2F3A-7681-4BB2-9EC9-1BC51B1A0CD5 8AF60252-F3B9-4B43-A988-7CECCB5D8C38 4FA664E4-48BD-45FA-8314-6FC0D8E2D13F 5D0C1F41-02C8-4B3F-ABC0-1688937B8B84

 

庭からモネの家へ続く道も美しかった。

 

9CB34F34-1963-432B-BD2D-65BCC1061F42457F59A5-CAB5-4DCC-B9BB-6B48D5701982C0E0493F-3709-4889-804A-541903F91AD1

 

 

 

家は可愛らしいピンクの外壁で、内部の家具やインテリアもモネが家族と暮らしていた当時の状態を細かく再現していた。

78E47C86-2A88-43D3-A339-246FECD25E7B

E7B520E4-E4B8-4110-99FA-326549E2FC57 EF04CFE1-CCC6-4F5C-AEB7-C7BE0FCE4928壁にはモネが収集していた浮世絵のレプリカが飾られていた。

 

 

 

 

BBA5C7A0-D3B4-4228-8025-203EC3424BA786CDDA19-5653-4F01-9373-97E2824D4724 1ACB0588-E0C6-4334-89F0-F5C0EB973B57

 

 

 

 

4F6B6068-4B54-476A-B1A3-4C22E78D66B9アトリエに立つモネの写真。

98377BFD-3002-4F16-A2D1-A61AA25AB748アトリエも当時の状態が再現されていてここで沢山の作品が生まれたんだなと感慨深かった。

 

 

 

D5F180CC-CB61-4E88-A583-5F82B6220262

オランジュリー美術館に収納された蓮の大作を制作するため建てられた離れのアトリエはグッズ売り場として使われていた。

 

 

 

近くの印象派美術館にも寄り、ランチは庭の近くのレストランで“モネプレート”なるものを注文。
0FC74D3A-1FF7-4FAC-866D-A2A032FD0E88

DDE866E7-D2AE-4300-9D40-D6850EE346FC

ノルマンディ地方の名物のシードルと兎肉、デザートにフレンチトースト。

 

青空の中美しい景色をたくさん見れてとても癒された1日だった。

 

EB77B0C7-6ACE-4B5B-AD2B-38D45C486E75飛行機雲がクロスを作っていた。

 

 

カテゴリ:diaryコメント(0)

フランス滞在制作18 壁画完成披露パーティー

2018.01.05

徹夜でアトリエでの作品仕上げを済ませ作品をアートセンターへ運ぶ。このアトリエでの制作も今日で最後だと思うとあっという間だったなと感慨深くなる。

00CE1238-1C99-460E-ADB8-48F6F828E3B7

 

センターのイーゼルやパネルを借りて即興の展示台を作り作品を陳列していく。何とか展示として形になり、急いでオープニングスピーチの原稿を考えて浴衣に着替え身支度を整えてセンターへ向かう。

 

03FCA5C5-7381-4CDA-B458-81AF580AF3E7 4D2628BC-7E6B-4EAE-BD65-588D5B01F711
パーティーは同じセンター内で学生達が日本の漫画イベントもやっていたこともありたくさんの方が来てくださった。

 

 

7A20788D-AD99-48CA-89D2-A0A5AA294713

74A8948B-2942-48E0-9270-309B481325F7

8027A4AB-3763-4CAC-B094-2E71C25F1F82

42B43C99-5846-435A-B514-D8A9BFAD65A6

アパートのご近所さん達やジュリー、通っていたブーランジェリーの店員さんなどトルシーで知り合った方々、そしてお忙しい中市長も来てくださり滞在制作の成果を観て頂いた。

 

 

BF902107-14A1-4480-B7BC-9F1920BDC9B4 C70EDA30-7956-4620-8FC4-860DAD088D0C赤ちゃんのポートフォリオ。展示スペースに本人も観に来てくれて不思議そうに眺めたり触ったりしていた。

 

 

577D6820-B959-4ABD-9F8C-D8E64BA928D218A7A48E-E13B-4A4A-B63B-8F6B400644D8B4594C42-4710-4AE9-8648-D8FB93A2DE11A5E6D18E-042E-44D2-84B1-FBA0A0E84D0F

B48B8773-CC1A-4441-B190-CAAEE111AFCB

壁画の水彩画に銅版画作品、アトリエから見た夕焼けの作品と池で見つけた鳩の亡骸の作品も展示。市長さんは夕焼けの作品をとても気に入ってくださった。鳩の作品も有り難いことに現地の方が購入してくださった。

 

オープニングスピーチでは私が英語で話してからシャドが仏訳してくれたが、途中で込み上げてきて私が涙声になると皆さん暖かく笑ってくださって救われた。

 

色々上手くできなかったことや申し訳なく感じたこともあったけど、こうして形にできてトルシーで関わった人達に見てもらい認めてもらえて、やっと報われた気持ちになれた。

 

 

 

カテゴリ:diary , 壁画コメント(0)

フランス滞在制作17 壁画完成と独立記念日

2018.01.04

七夕のワークショップが終わるとすぐに切り替え壁画制作を再開した。

471F9405-88AA-4D5B-B53F-DD1089C6DEBA

ここからは全体の色のバランスや動物のシルエットの微調整。一箇所に手を加えると別の箇所のバランスも変わりそこも手を加えてまた全体のバランスを見るの繰り返しで終わりがなかなか見えない。

 


987E9B5B-05A2-4589-88A3-BD643B4A1692作品の側面の縁も綺麗に見えるよう慎重に塗り重ねる。

 

壁画完成披露パーティーを7月15日の夕方から行うことが決まり、ヴァンサンが案内状を作ってくれた。

D6977E10-2B84-444F-96E7-244D1F0EC74C

 

壁画だけでなくアトリエ制作の作品や銅版画も室内に展示して公開したいと私が提案し快諾してもらえた。なのでアトリエ作品もこの日までに仕上げて夕方までにセンター内に陳列しないといけない。

 

七夕前から天候も不安定になり雨が降って作業中断、晴れすぎて日光が強烈で作業が散漫になる日が続く。もう一息で完成なのにもどかしい。

 

72B7961D-5FED-4638-BA61-59E99B5CBC9C
1516C64A-C18D-49B0-B5CD-99761DEA33D1日没後もしばらく粘るようになり片付けを終えて帰宅する頃にはすっかり暗くなっている。静かな夜のアートセンター。

 

 

04FFAF91-0B8D-4A02-B740-2973E2D518AA帰宅後はその日の壁画写真をパソコン上で客観的に見て全体のバランスを見て色を加えてシミュレートする。

 

 

8FB4CB1F-16A7-4C2F-AE7F-04D99E5D4B50完成披露の2日前。制作し続けていると客観的に見れなくなってくるので翌日確認して気になる所が出て来なければ完成とすることに。完成してからも紫外線を和らげるコーティング剤を全体に二度塗りする作業が残っている。

 

 

 

532653FA-66F9-4AAE-9340-FB3D77C7C2A9帰り道のバス停のポスター。7月13日のフランス独立記念日前夜にはトルシーでも花火が上がるとのこと。帰宅後22時すぎから花火の音が聞こえ始めたのでどうにか少しでも花火が見たくて1人アパートを出るもどこへ行けばいいのか分からずウロウロ歩いていると、近くの見晴らしのいい所に人が集まり色々な箇所から上がる花火を眺めていた。

 

 

59D44747-FCFB-44E1-A85F-E1C85C52BD63

4A1BE765-33B2-493E-AEA0-37EC623481DD近くの町で上がっている花火が丘の上から小さく見える。しばらく見ていると近くから花火の音がし始めたのでそちらの方へ歩く。

 

95CA914B-5C5A-4803-8A74-01746DC61530近所のペタンク広場にも人が集まっていたので行ってみるとトルシー内の公園から上がっている花火も見ることができた。夜に1人で出歩くことはなかったので少しドキドキしたが帰国前の思い出になった。

 

 

 

翌朝壁画を確認しに行く。結局夕方頃まで細部に手を入れもうこれまでだと思ったところで壁画右下にサインと日付をいれる。

 

P1010963a漢字と英語両方でサインを入れたのはヴァンサンのリクエスト。ちょうど独立記念日が完成日になった。

 

 

 

トルシー壁画4P1010906P1010890a

 

 

トルシー壁画3トルシー壁画5P1010915aトルシー壁画2

 

 

P1010939aP1010911トルシー壁画6

 

 

IMG_7826

 

壁画完成。本当はコーティング剤の塗装も終えたかったがひとまず明日のパーティーを済ませて落ち着いてから塗ることにした。これからアトリエ作品の仕上げを徹夜でする予定だったので達成感を感じる余裕はまだなかった。

 

とにかく明日を成功させなければ。

 

カテゴリ:diary , 壁画コメント(0)

フランス滞在制作16 Torcyでの生活

2018.01.03


壁画制作が始まってからはアパートとアートセンターの往復だけで終わる日が続き前のように町を散策する余裕はなくなってしまったが、それでも食料や日用品を買い出しにバス移動したり気分転換に知らない道を歩くと改めて景色を新鮮に感じることができた。

 

 

BB10D168-D64D-4916-A739-D0F7AC4D37B9バス乗り場の掲示板。

 

6E2F7168-2F2E-4779-BC05-127B7CEAA9AD BCFDAD73-1452-4C39-82E5-B67AB234CD32トルシー駅周辺。アパート周辺と比べると賑やか。

C9867544-5B2D-46A4-85DF-34E5A356BE17ドミノピザの“o”がずり落ちている。

 

 

48B013EC-C54C-4162-984A-639E9B3A5443よく町中で見かけたポスター。

307245EC-2241-4A2C-9DFB-4775048E1929選挙のポスター。

 

05A7320E-08BF-41FE-8596-F64CE58A9374

荒く剥がされたポスターの上から新しいポスターが重なっていきコラージュみたいになっている。

 

 

D706EEA0-08A7-44D5-A522-2CE4903CF5D1A168638A-DB6A-4C69-A737-3C07211BC0D5カルフールが入っているショッピングモールは色々な店舗が入っていて賑わう。
71D7C432-A4C5-48D4-BA45-E427F2CE012F 9838934C-8485-4F76-9184-53AA4F905FB8モール内の遊具がとてもカラフル。

 

C630E974-D920-44F5-94C6-426CB54EAAB7 14DF453B-5A0F-4698-9597-8C34B4818738本屋には日本の漫画コーナーが広く取られていて懐かしいものから今連載中のものまで揃えられていた。

 

905D75AB-AB24-4058-89D7-1454EF31E4D4 7471CD65-54C2-48CA-88AA-F81B62E444FA

76AC8893-21F8-49FB-BE26-5C38566667D5モール内のバーガーキング。サイズも味も日本のものと変わらない。

2819C4A7-0A0B-42FF-B24C-6D3EFA0C93902E0804AC-47C1-49AE-832B-2501AD874BF2 D34111CC-3C9C-4910-A104-1B518C080034 7E92F559-39A6-43F3-B2A5-E3A4AC8E94EAカルフール内の陳列。

 

 

 

 

BC78FED4-BF1D-4867-A0B7-953C6C394074 01CCD5F7-9C43-4A31-981B-A1C64A06188Eモールの近くにある家具量販店。

 

423237C0-4A67-4194-A408-2AC2C5C296DD 46104820-A1B6-4E63-85BB-C825662C446Aアミューズメントセンターと映画館。ちょうどミニオンズがやっていた。

 


9530BB6F-14A0-4E5B-8995-56A386CD35FD町中にもスーパーのようなお店がありマルシェに行く時間がない時はよく利用した。卵は割高で黄身の色は薄く生では食べられなさそうで日本のものとの違いを感じた。


51E8CCC2-3602-4998-A763-C12FDFC75B32ジャケ買いした薔薇のシロップ。思っていた香りと味ではなくて少し後悔。

 

 

 

 

9213D068-932F-4AFD-A497-9C1C9E94DAE5袋から丸出しのフランスパンは様式美。

 

 

7EBF5C72-A95A-4674-96E3-D559A87F1DD5

EDE0594E-A912-424E-9DDF-80DC5E83E5A3
5844F73C-43A3-40D9-A957-8728590D27C53630E53A-36DE-4532-8297-CB3AB0FCEEA0A22AF9ED-9BB2-4EF8-88EE-8FCBAEC47974定番のパンもお店ごとに味や形が少しずつ違うので色々なお店で買うのが楽しみだった。

 

 

BC80BC19-70F4-496E-B792-D11909A1C64742B44F04-DA3D-46AB-90E5-D3EA6482F8C6町のケバブ屋さんでテイクアウトしてアパートのベランダで食べる。

 

017CEBC4-FBD5-4BB8-9D1B-899EF492900Eアパートから見えた満月。日本ではこの日ストロベリームーンだったらしい。

 

E658E280-D3E4-4F4E-A226-D2E33AAB3EEE 5EC51E0B-834E-4B59-91E5-A1D456EC87F2 E03D0958-1620-4B0F-AB1F-84D7C1B7286A EC861288-573B-4D00-99BD-8459664BE8FF 8D0D50CD-66BE-4980-A56C-61D68553EAED BBA5A491-2FE5-4984-8309-7D5F4E6F30EDアパートの敷地内の装飾はどれもとても素敵。

 

 

0B45E54B-9A9F-4A6D-BA95-90E2AB57CB72マルレーネの飼い猫のシェリー。アパートの中庭でよく寝ている。

 

 

 


BB4987AB-F809-4148-BCA0-5D256EBA17B5 42190C00-CCC4-4C12-8088-4471CBC3FBD5 FB4D7026-CB56-44E2-A200-8E8A54CB6465アートセンターと同じように古い建物をリノベーションした施設。

 

 

 



F2917A91-2AAC-4FE7-9CEC-A0D675165DF5縦縞のマンション。ジュリーがパジャマみたいだと言っていた。

 

1344285D-D4B7-4898-B10E-4CDF83E67F4A家の番地を示す鉄文字に細かい飾りがあり可愛らしい。

967E222D-431B-4841-809D-2BFEEA4112C4窓にコダマがいた。誰が描いたんだろう。

 

 

 

6809E76C-2B74-48C1-AC80-46DD2599A561 749D7229-B0E2-4B4E-B459-C921C24C7EA8 831215B1-547C-40FB-A489-EFDB494FCAFB3C07CBFC-293E-405B-9F18-CF9698A4A877トルシーも月に一度土曜日にマルシェが行われる。規模はノワジエルのものより小さくのんびりした雰囲気。

 

 

滞在中はトラブルに巻き込まれることもなくとても快適な生活だった。滞在先がこの町で本当によかったと思った。

 

FB8A631F-D194-42C4-B601-42648A2924CAアパート近くのポプラ並木。

 

 

カテゴリ:diaryコメント(0)
1 / 812345...最後 »

ページの先頭へ