藤本絢子オフィシャルサイト

かがわ・山なみ芸術祭 壁画制作7、8日目

日曜の朝に再び綾川町入り。

 

image

実行委員の方とモーニングうどんを頂いてから現場に行くとお店のご主人がトタン屋根の上にベニヤを敷いて梯子を渡して下さり、それまで手が届かなかった部分にも水仙の花を置く。

 

image

程良く揺れるトタン屋根の足場は疲れていても気を引き締めてくれます。

 

8日目は水仙の横にアジサイを配置し猿のシルエットも追加する。

image

アジサイの花弁が網目模様のようになり動きが出て面白くなってきた。壁画を描いている喫茶リーフさん周辺にはアジサイが沢山植えられていて梅雨時の名物になっているのだそう。今回のモチーフは全て周辺地域に縁のある動植物で構成している。

 
この2日間はダンサーが綾川町に滞在して生み出したコンテンポラリーダンスのパフォーマンスが旧小学校で行われ多くの地元の方が観に来られた。

パフォーマンス終了後滞在アーティストが自己紹介と作品紹介をする時間が取られたのでこれは見た目のインパクトが大事だな、と思いヘルメット作業着のまま壁画の紹介と4/23から宇多津町で開催する大賞受賞記念個展の告知をする。

image

窓から見えるあの建物に壁画を描いてますよと説明。

image

普段描いている油彩作品をiPadで見せて回っています。

 

もう綾川町では気持ち的に作業着姿がデフォルトになってきている。

 

image

 
●かがわ山なみ芸術祭2016
http://www.monohouse.org/yamanami/

●芸術祭のクラウドファンディング開催中!(ここだけの限定アイテムも多数!)
https://motion-gallery.net/projects/kyaf2016ayagawa

●かがわ山なみ芸術祭2016綾川町エリア
http://kyaf2016ayagawa.wix.com/dialoguewithnow

 

カテゴリ:diary , 壁画の投稿 | コメント(0)

コメントを残す

CAPTCHA


ページの先頭へ