藤本絢子オフィシャルサイト

フランス滞在制作19 ジヴェルニーの庭

 

日本に帰国する前日にずっと行きたかったMAISON ET JARDIN DE MONET  ジヴェルニーの庭 へヴァンサンに連れて行ってもらった。

1A8D3519-9000-4B1E-A052-0E1D5FD5A335

600317A0-7B6B-415E-9A4A-24815EB488E9 A3CC7698-DCD2-4683-9F0E-D5C6CA59062Cバケーションシーズンには非常に混雑するらしいがオフシーズンの午前中だったので少し並ぶだけで敷地内に入ることができた。

 

 


1A3D1C51-379C-4E59-8122-77502EA7DFC1 42D2D833-307F-4B7E-ADE0-AE5A0ED38C45 2FF5DAC9-2564-4D33-8C21-7810397B72B8 988779EB-E506-4F23-AF5A-9A1C6317718D 95EFB471-CAD1-40C2-9CDD-DB886190288E 2582B0E1-657F-4722-9ADB-30347E11FC2F 9F8C3285-DDA2-4E05-8766-0BE12EAEFF84 8AB2E1C9-72F5-40A1-9708-2B4CA6AFF931 4994C972-3717-4BD6-9654-B15056F6C85F

モネが設計した庭は手入れが行き届いていて様々な花が咲き乱れ、しだれ柳が水面に影を落とす蓮池はモネの作品の中にいるようだった。

 

 

457F59A5-CAB5-4DCC-B9BB-6B48D5701982
7033AB67-AA06-417C-AA1D-338665014DCB F0EF2F3A-7681-4BB2-9EC9-1BC51B1A0CD5 8AF60252-F3B9-4B43-A988-7CECCB5D8C38 4FA664E4-48BD-45FA-8314-6FC0D8E2D13F 5D0C1F41-02C8-4B3F-ABC0-1688937B8B84

 

庭からモネの家へ続く道も美しかった。

 

9CB34F34-1963-432B-BD2D-65BCC1061F42457F59A5-CAB5-4DCC-B9BB-6B48D5701982C0E0493F-3709-4889-804A-541903F91AD1

 

 

 

家は可愛らしいピンクの外壁で、内部の家具やインテリアもモネが家族と暮らしていた当時の状態を細かく再現していた。

78E47C86-2A88-43D3-A339-246FECD25E7B

E7B520E4-E4B8-4110-99FA-326549E2FC57 EF04CFE1-CCC6-4F5C-AEB7-C7BE0FCE4928壁にはモネが収集していた浮世絵のレプリカが飾られていた。

 

 

 

 

BBA5C7A0-D3B4-4228-8025-203EC3424BA786CDDA19-5653-4F01-9373-97E2824D4724 1ACB0588-E0C6-4334-89F0-F5C0EB973B57

 

 

 

 

4F6B6068-4B54-476A-B1A3-4C22E78D66B9アトリエに立つモネの写真。

98377BFD-3002-4F16-A2D1-A61AA25AB748アトリエも当時の状態が再現されていてここで沢山の作品が生まれたんだなと感慨深かった。

 

 

 

D5F180CC-CB61-4E88-A583-5F82B6220262

オランジュリー美術館に収納された蓮の大作を制作するため建てられた離れのアトリエはグッズ売り場として使われていた。

 

 

 

近くの印象派美術館にも寄り、ランチは庭の近くのレストランで“モネプレート”なるものを注文。
0FC74D3A-1FF7-4FAC-866D-A2A032FD0E88

DDE866E7-D2AE-4300-9D40-D6850EE346FC

ノルマンディ地方の名物のシードルと兎肉、デザートにフレンチトースト。

 

青空の中美しい景色をたくさん見れてとても癒された1日だった。

 

EB77B0C7-6ACE-4B5B-AD2B-38D45C486E75飛行機雲がクロスを作っていた。

 

 

カテゴリ:diaryの投稿 | コメント(0)

コメントを残す

CAPTCHA


ページの先頭へ