藤本絢子オフィシャルサイト

フランス滞在制作15 銅版画制作

壁画とアトリエでの自由制作の他にアートセンターの版画アトリエの設備を使い銅版画も制作することになった。

銅版画は10年以上前にほんの少しやったことがあるだけで技術的にはほぼ初心者なので、果たしてちゃんと作品として出せるものが短い時間で制作できるのか不安はあったが関係者に一から教えてもらい、徐々に作りたい銅版画作品のイメージも固めていった。

 

 

 

E8B2A29C-F113-4C77-90A5-69FE73CE8C8E19083848-906F-48A9-9969-CC3B18215A9084CE37D8-6595-4F78-A9AA-9533B365DBCA

0820B9F1-759F-4450-B4AD-A600F2BA5A10 AB4380FD-60C8-45E7-8F45-9E47200BE23C作品のためのカササギのスケッチ。町でよく見かけ壁画のモチーフにもすることを考えたがずる賢い鳥という良くないイメージがあるとのことで断念したがその側面も込みで版画のモチーフに使いたいと思った。

 

61F00C01-F003-49FA-A4F8-387F0639B60E練習用に初めて作ったエッチング作品。思うように銅板に線を刻めず難しい。

 

 

 

 

F16979FF-CF04-4FE9-990D-945EA824BBA7 1DD1F483-AC18-42F3-9062-3CFE3C2E60E4 CD6E718A-6A2E-4CE0-A360-1C00A8131479 35EFE998-8668-47CF-86B6-3E79E464C01E

銅を腐食させる工程を教わる。樹脂の粉で部分的にコーティングして酸につけて洗浄し、コーティングする部分を変えまた酸に付けるのを繰り返し段階的に腐食させて色調を作っていく。

 

 

6A1C38B2-1855-43C6-BBC8-DCE80E6EE8CC01F878D5-42C4-4DAC-B024-FB6FD7C98CAB最初は綺麗に線がでなかったり予期せぬ傷が付いてしまっていた。それを修正してインクの色を変え何度も刷り続けていくとようやく作品として出せるものを刷ることができた。技術は未熟でもこの場でしか作れない作品が作り出せるよう時間ギリギリまで制作した。

 

 

62C4A29B-E45B-4D1E-85B7-15FD7A2318E3

 

カテゴリ:diary , Works-INFOの投稿 | コメント(0)

コメントを残す

CAPTCHA


ページの先頭へ