藤本絢子オフィシャルサイト

フランス滞在制作⑨ ヴァル・ド・マルヌ県現代美術館とグラフィティアートエリア

壁画制作開始前にジュリーがパリの家での食事に招いてくれた。ジュリー手作りのフランスの家庭料理はどれもとても美味しかった。

A03E274A-BBC5-45F3-9864-416BF5ABCE67 6A030C06-DC8D-41C7-A579-B92A20FF88B1 44707DC6-8732-40B6-86C2-D3217463691A 4012DFEC-E77F-4243-8A7F-D7770A898C1B

 

娘さんとその友達とも日本のアニメの話で盛り上がる。若者はみんな日本のアニメが好きなんだなと感心する。そのまま夜はジュリー宅に泊まらせてもらい、翌朝には面白いグラフィティアートがたくさんあるエリアへ連れて行ってもらった。

 

18A9568A-A633-41EF-B6CC-FAEA3496751A 3FC354D2-11E6-452F-8239-3E353851050A 80E63490-DCA3-4A14-B265-DC3D0EFBC1DD 534077D0-89B8-41B0-8160-2CE72E2D62D5 A00A4019-3893-4614-A3AC-8B43E0B6CB75 899478DB-9EF0-45E6-A400-C67EDFCC389D B42E6C93-F3AD-4C8E-9E26-633B20085812

ここの地区は行政が公的にアーティストに描いてもらっていると教えてもらった。多種多様なテイストとサイズの絵が至る所に描かれていた。

 

 

 

9CCCAE7E-A02F-459E-8AB2-9E03199226B9 D1BE3511-5983-401A-A220-0662BF91C1F5 CCE8B88C-883F-4CC5-9515-068F0A4D565E 6D01C702-CFB5-47B7-ACA3-5542B5CD292A A4B27CAD-6385-404E-A018-51E4986F0B9F A750ABA8-529F-4429-BFFE-6AA22893FDE6 A49BFBA4-1FA6-46D7-B38E-416652F45646 9C71182C-FD4B-44A8-8400-7D6D685B8476 6C81C8FC-C819-4766-B240-F40F602B6296 8C07DA9C-6D92-4405-94D0-01ECCE58CC80 9DB8DBC5-6EAD-4061-982A-E1BC00DDDA56 6DCBFA29-06A6-455A-BFA1-EE262F9EEAE4 AE19DF1D-B62C-4E05-82E6-8279B974C8B7 FC9810E1-997F-490C-8378-A7DDE01DCD16絵ではなく文字によるグラフィティもあった。内容は批評的なものらしい。

 

 

F24584B5-7EB7-4982-8711-04D79654B994 2AA1B7B0-2C82-4EDE-9D82-861C7AFE4657 C36CCB8E-AEA0-41B9-A571-7942A71033A0 9F38577C-1270-40D8-889E-A25A40261B1E 9F5167F2-F9D0-470E-9E51-0D48907A6186 3CF9F300-7326-4C15-8FA8-227040189262 A2B2DF69-37E0-4E3D-BC00-27088F20D6F2 9DB21F62-60DC-4BC1-8AD1-D16CC2B90D7F E677FA43-5056-408C-A3A1-68A68696A635

ポストにも。

 

 


CA614446-8B58-446B-A90A-35099C169588 0772E1FE-6C28-4954-BB50-F2EC520AE7BF D77B8458-A4C0-4819-A808-D17870E655C7 F5556A04-DFE9-45BD-A1AC-EDBD6B76E204 F67BBD26-07FF-47BE-A062-D52854817DEE A72B17EB-3BDB-4756-8D26-9D704889E9CF FC3D73D5-E5C5-48C9-94C0-BE20C4BE2A39

9D715DD0-33AA-4570-9B25-9CEAD4CEC2E7 1F35441F-B1E6-4A59-9444-5BF1448D7A04

大きなエミューのような鳥の絵。これはセンスも密度も好きだった。

 

EFF3795C-C803-45AA-94A2-D33CEBE04241 3477B344-FB3D-4BFF-A410-A5F89FA86D32 53BB753B-D558-4ABD-9073-17544347996C
3877F411-CC1E-4035-B29E-B8DFDC605859 65FB9C0E-B23B-4D3A-9462-E27FBE96110E高層ビルの側面に描かれた壁画。どうやって描いたのか気になる。

 

8E3310D0-BB58-48DE-B532-F397F86374EA街の道路にあった薬物の注射を回収する箱。フランスで初めて見た。

 
その後は近くのヴァル=ド=マルヌ県現代美術館にも連れて行ってもらった。

 

F51BC9D1-205C-412D-B6FB-AB5403D82E9E通称MACVAL

 


AC0D5DAF-A0ED-4F0B-99A4-1F2CFB011E17館内のサイネージも面白いデザイン。
BBC64CF3-70B1-4D1C-A498-721CB830FA15勧められたキャロットジュースを飲んで休憩。スッキリしていて美味しい。

 

 

 

161DC41D-7C04-44BC-A76C-EF1F99B0B481 266961F1-9A61-420F-B2EB-856C975A396C A4146261-7F8C-4646-BCEB-48DD7266DE3F A2A16EFB-6B42-4FA2-A4BF-B64F3AA401DD A88142B4-FBA8-4893-98A2-793C8119BFA7

企画展では移民や他者との問題をテーマにした作品が多く面白い作品も多かった。

 

美術館からの帰りに通った劇場前ではパフォーマンスの公開リハーサルのようなものをやっていた。

E4571692-DFB4-46A9-A0CF-EC29EDE3F3BA EC89603A-EDE1-410D-991C-44386E1FE960

 

海外からはあまり知られていない面白いスポットに連れて行ってもらえてとても楽しかった。

 

カテゴリ:diaryの投稿 | コメント(0)

コメントを残す

CAPTCHA


ページの先頭へ