藤本絢子オフィシャルサイト

フランス滞在制作⑥ 壁画のための構想

6月に入ってからアパート敷地内の素敵なスペースをアトリエとして提供して頂きました。大きな窓とステンドグラスがとても素敵。屋根裏部屋もあります。

2B1F50BE-8049-4735-B32C-F7637EA54761
24B0B857-9136-42E8-BF86-B3AF9DD4BFE5 D1539EFF-6F68-4B69-9635-DA9426EE65AA C5CC8F94-8C6D-4A46-8827-3142DB5D9B4D F8EA299E-F045-4C23-8F61-DAB8BD912F32

D5128358-FE13-430F-A595-41D9BE77945A

屋根裏へと続く階段。実は手すりは途中から壁にペンキで描かれていてトリックアートのようになっている。

 

 

アートセンターのスタッフさんとアパートのご近所さんがアトリエとして使えるようパネルを設置してくださりました。

E96434F6-387B-4921-B3CC-823364F8F99D

 

皆さんとても親切でこんないいスペース用意してもらったら必死で作品作らないといけないなと思った。
アーティストは作品で返すしかない。

 

渡航前に香川県綾川町での壮行会で皆さんが書いてくれた横断幕もアトリエに飾りました。

0AB4613D-0FD1-47F3-9FCC-B6FA24B8B201 52E4F8C2-3402-41E3-8D16-E1A32DF19A79これは何が書いてあるの?とアトリエを見に来た人達によく聞かれた。

疲れたらこれを眺めて気持ちを奮い起たしていた。

 

 

壁画はアートセンターとの打ち合わせで6月中旬から制作スタートする予定。それまでにどんな壁画を描くのかイメージ図も作り市役所の文化事業部にプレゼンをして制作の承諾を貰う必要がある。何を描くかは実際の壁面と周囲の環境を見て一から考えたかったのでトルシーに到着して町を散策したり住民の人達と交流する中で少しずつ考えていった。

町の皆さんに「トルシーはどんな町ですか?」と聞くと「うーん、何もないね!笑」とよく返ってくる。ここはパリで働く人のベッドタウンのような町で確かに特徴的な場所や名物などはない。
でも何もないところに何かを見出すことはアーティストの得意とするところのはず。

 

C401D1BA-39AD-4495-88D7-FEFD2AC169EA

908E664E-9EC6-4D8B-A187-B96513308434

あなたは1番良い季節にフランスに来たわね。ともよく言われた通り晴れの日が多く、とても気持ちいい青空にはよく飛行機がかかっている。CDGが近いからだろうか。

 

49747E40-1767-43D9-AB53-D7C817D43E21

75E03E28-05B8-4578-AE74-5C0840BA3F13 3E62992E-7B20-4665-9068-545716C1D317

トルシーには公園や野原と池が多く鳥のさえずりもよく聞こえる。

 

706FCD82-CFAB-4D72-8944-A3BB63CE16C0 721B1B95-C122-4116-B0B3-9DF0D7E3AF7Bこちらの人は日向ぼっこやピクニックが好きで芝生の上でよく気持ち良さそうに寛いでいる。

 

豊かな緑、静かな湖と川、常に聞こえる鳥のさえずり、そしてゆっくりと流れる時間と人々の営み。

 

メインのイメージモチーフが鳥、空、川、そしてその中で暮らす人々 に徐々に絞られてきた。

色は空と水の青と、周りの草木や土の色と一体感がでるように緑色とオレンジ色をメインに。

 

8A60518B-D93D-4809-9653-E0CB9DCF5F50イメージを作るためのスケッチ。

 

72F73869-DDED-4BA4-B67B-0EC88547E8D7

アートセンターの庭でのスケッチ中子どもギター教室が行われていてイエローサブマリンやコンドルは飛んでいくなどを聴きながら木の葉がキラキラ光り揺れるのを眺める。トルシーの穏やかな午後。

 

 
私は壁画制作はその場所とのコラボレーションだと思っていてその場所の持ち主、その場所を使う人達に受け入れてもらえることに重きを置いている。それらと自分の作品性を合わせることでそれまでにない自分の新しい引き出しを開けることができるのがとても尊い経験だと思っている。

今回もあのアートセンターの空間を愛する人達に受け入れてもらえることを最も大事にしたかったので、壁画の構図も1つ構想するのではなく3パターン考えてその中から選んでもらうことにした。

 

6A537372-27FB-4FEB-8C22-596D0A212717

パソコン上で壁面の画像の上に色やモチーフを重ねて構図を決めていく。

 

スタッフや市役所の人により熱意が伝わるように水彩画で壁面の10分の1スケールの下絵も描くことにした。これがかなり大変だった。

7EF5826F-C89C-435C-AD43-172D1BEE8C89 23765C79-D180-465A-AFDA-174E9BC348C0

下絵を一度スタッフに見せる約束の前日になっても出来上がらず夜通し描くことに。アトリエスペースは夜はかなり暗くなってしまうのでアパートまで絵具を持ち帰って描き続けた。キッチンに持ち帰って描き続けた。朦朧としてきてここがフランスだということを忘れそうになる。

 

1D4A0B4D-9FAB-4D6E-A4BF-A6DF37C01DA0

スタッフに見せるとちゃんと壁画について真剣に構想していることは伝わったようで安心してくれているようだった。そこから市役所の人に見せるまでの間も色々とイメージを追加したり整理したりした。

 

46A02100-5590-4F76-910D-1DF409319569第1案は太陽と木の下で遊ぶ子ども達が持つボールが光になり魚、鳥へと変化していくイメージ。

 

4C058DB6-4ED9-4085-8178-0C267960B69C第2案は木の下で親子がシャボン玉を飛ばしたものが魚、鳥へと変わっていくイメージ。

 

 

45C2E5D2-D4FD-4181-9A84-0701E7EE124E第3案は大きな木の下に光の川が真ん中で鳥鳥と魚に分かれて広がっていくイメージ。

 

 

6月半ばに市役所で壁画のプレゼンを行う。私としては第2案が1番バランスがいいかなと思っていたが、反応は市役所の人もアートセンターのスタッフも第3案がいいとのことだった。自分では意外だったけれどこういうこともあるのでやはり3パターン作ってよかったと思った。

 

 

大事なプレゼンが無事終わり万事上手く行きそうなのでやっと気持ちが楽になり近くのブーランジェリーで買ったティラミスをアパートのベランダで食べた。

3F6689AC-4EA7-477F-958D-9CE716686DBB
あとは発注した壁画用の下地材が届くのを待つだけ。
いつの間にか慣れてしまっていた綺麗な景色がいつも以上に優しく見えた。

 

 

カテゴリ:diary , 壁画の投稿 | コメント(0)

コメントを残す

CAPTCHA


ページの先頭へ