藤本絢子オフィシャルサイト

2カ月ぶりの綾川町

七夕の日は芸術祭から2カ月ぶりの綾川町を回りました。

午前中は芸術祭中大きな野外彫刻が点在していた竜雲少年牧場へ。

 

image

 

image

 

image作品が撤去され草木も伸び、春よりも自然のエネルギーに充ち満ちていました。

 

 

image

トトロに会えそうな小道。

 

image

放牧されているジャージー牛の群れも遠くに発見。

 

 

 

 

その後所有する建物を展示場所として貸してくださっていた地域の方の所へ。

 

image

 

image廃校になった建物を分解し移築したことで「田んぼの学校」と名付けられた建物はとても趣があり、芸術祭中は囲炉裏で鮎を焼きながら地域の方と談話するイベントも開催しました。

 

 

image芸術祭中の囲炉裏を囲んでの談話イベント。

 

 

そこに芸術祭アーティストや関わった方々が芸術祭を終えてのコメントを寄せ書きした箪笥(捨てるはずだった物)が新たに置かれていました。

 

image

 

image

 

引き出しの裏や側面など様々な場所に様々なことが書かれていて、これはとても素敵な“作品”だと思いました。

 

さらに芸術祭で配布するため私が描いた周辺マップ原稿のコピーが額装されているのを発見し、嬉しくなりサインを入れさせてもらいました。

image

 

 

その後は別の地域の方と再会し息子さんのうどん屋で山かけうどんを堪能後、同行していた映像作家の浅沼さんが以前食べたという うどんソフト があるらしい道の駅をわざわざ探してもらって行くことに。

 

 

imageあっさり、こってり、超こってりという謎の選択肢があり私はあっさりを選択。

 

imageうん、バニラに細切れのうどんが入っている、それ以上でも以下でもない。
バニラの部分は美味しかったです。

 

お宅にも遊びに行き離れに並んでいる木工品を見せてもらったりかわいいお孫さんと遊んだりしました。

お会いした地域の皆さん変わらずお元気そうな笑顔でこちらも嬉しくなりました。

 

夕方前には喫茶リーフに戻り夜からの七夕のイベントの準備へ。

 

imageお店の周りのアジサイもお母さんの故郷から株分けして育てられたもの。

 

image

 

壁画下のスペースには人工芝がひかれ物置棚などもなくなりとてもスッキリしていて驚きました。

 

壁画を見に来る人が見やすいようにと芸術祭後に整理してくださったそうです。恐縮です。

 

 

image

 

image

見上げる壁画。

 

 

image

 

image

道路から見えるところにはリーフのお母さん手作りの私の個展宣伝看板が掲げられていました。

泣けます。

 

 

カテゴリ:diary , 壁画の投稿 | コメント(0)

コメントを残す

CAPTCHA


ページの先頭へ